2011年09月16日

RHODIA in SHOT NOTE

このたび、メモ環境を更新いたしましたのでご報告申し上げます(謎)

-------
時系列を整理してみましょう。

(1)ちょうど1年くらい前にIS01(通称メガネケース)を導入したことがきっかけで、メモ環境を従来の6穴ファイルからジョッターに移行。わざわざ丸善でジョッターを買ったw
(2)スマートフォン(イー・モバイルのAria)導入によりIS01の影がかなり薄くなる。Googleカレンダーとジョルテを導入した結果、本当に使わなくなる。
(3)その結果、ジョッターは、LOOX-Uを持ち歩くポーチに移動。しかしこのポーチにはペンを挿すホルダーがなく適当に入れておいた。
(4)外でメモを取ったときにボールペンを紛失orz
(5)ボールペンを更新しようと思いながら文具屋に行き、ふとひかれたSHOT NOTE(キングジムのiPhone/Androidで取り込めるメモ帳)を購入。合わせてメモ帳用のシャーペンを購入。
(6)SHOT NOTE用のアプリがAriaで動かないorzあとシャーペンとSHOT NOTEの相性がよくない。滑る。
(7)ケースを転用できないかと調べたらRHODIAのNO.11でも合いそうだったので、買って来たら使えた。でもこれもシャーペンは書きづらい。万年筆みたいなのは相性がよい。
(8)小さなボールペンを探す。SLIP-ONのSIERRAボールペンを探すがなかなか見つからない。高い文房具屋(IT○-YA)には海外ブランドの「カランダッシュ」しかない。いいんだけど高い…
(9)結局東急H△NDSで見つけた。少し長さの違うOHTOのPIENIもニードルボールペンなので購入。この2つはもしかしてどっちかのOEM?

OHTOのPIENI…http://www.ohto.co.jp/html/product_lineup/soft_ink_pen4.html
SLIP-ONのSIERRA…http://item.rakuten.co.jp/slip-on/c/0000000304/

で、現在SHOT NOTEのケース+RHODIA NO.11+PIENIで落ち着いております。
SIERRAは情報カードとセットにして試運転中。

shotnote-rhodia.jpg
posted by かるさいととかマニとか呼ばれるだれかさん at 23:33| Comment(0) | アナログなガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: