2011年10月19日

箱根ススキ野紀行

野比のび太の住所は「練馬区月見台ススキが原」だったよなあ(謎)

--------
さて。
10月に入った最初の週末、箱根に繰り出してきました。

箱根といえば火山地帯を中心に各地に美術館や温泉が立ち並ぶ観光地なわけですが、今回の目的は「ススキ」。
仙石原には一面ススキに覆われた一角があり、毎年この時期には黄色く色づいたススキ一面の世界になるんだとか。
以前も一度行ったんですが、このときは9月だったのでまだ緑が残っていた。さて今回はどうでしょうね…。

で、箱根といえばやっぱりロマンスカーなので、今回もロマンスカーに乗りました。
ロマンスカーも最近はTV-CMを流してるんですが、曲として何故か「My Favorite Song」が出てくる。待て待て、それは東海道新幹線だ。
hakone-romancecar1.jpg
ちなみにこのロマンスカーは「LSE」というタイプ。乗るとやはり古さが目立ちますが、全面展望ばっちりなのはさすがです。
ロマンスカーは箱根湯本なので、ここで箱根登山電車に乗り換えたわけだが…ロマンスカーの乗客の多くがそのまま登山電車に乗ったので電車は全席埋まり立ったままスイッチバックへ。さすがは登山電車。ぐいぐい上っていきます。そして頻繁に運転手が運転席を移動。毎回これは大変だ。
途中で結構降りる人がいたので、座った状態で強羅に到着。
hakone-goura-eva.jpg
強羅駅はまだヱヴァが一角を占めていました。
大抵の人はそのままケーブルカーに乗る中、強羅駅周辺のイベント(ミニSLが走っていた)を見ながらバスを待つこと暫し。
hakone-susukibus.jpg
ススキが見ごろの頃だけ限定で発着する「仙石すすきバス」。ススキ以外にもポーラ美術館とかへ行くルートなので、思いのほか人が乗る。そしてポーラ美術館で降りる人多数。ススキまで乗る人はそんなにいなかった。
ちなみに仙石原へ到着する直前、道路わきに見えたローソンはヱヴァ仕様。いつまでやるのかな、これ。
hakone-susuki-shasou.jpg
ちなみに車窓から見るとススキはこんな感じ。

ススキが原の入口はかなり人が多いですが、バスの停留所はちょっとはなれたところに停車。ススキが原へ行く途中に食べ物屋さんがあるあたりは意図的なものか。まあお昼は食べられそうだな、とあたりを付ける。

hakone-susuki3.jpghakone-susuki2.jpghakone-susuki1.jpg

確かに人はそれなりに見に来ていましたが、ススキが原のおくまで行く人はそんなにおらず、そしてそれ以上に広い。これでもかというくらいススキを堪能。
アングルを工夫しないと人が入るけど、そこは観光地に行っている以上仕方ないですね。
この環境の維持にはやはり人手が入って野焼き等をやっているそうです。茅葺屋根の茅なんかにも使うのかな。

ススキを堪能した後は、バス停近くの釜飯屋で昼食をとり、路線バスで箱根湯本に戻る。箱根湯本の駅もヱヴァがそれなりに残っている感じ。駅からは温泉街行きのバスに乗る…が、場所を勘違いして目的地の前で降りてしまうorz
hakone-yumoto-onsen1.jpg
まあ、川沿いの風情を楽しめたからいいよね(言い訳)。

hakone-tenseien.jpghakone-yumoto-taki.jpg
今回の温泉は、23時間営業をうたう日帰り温泉「天成園」。この施設の裏に滝があり、滝を見るのは無料でOK。
料金はやや高めですが、温泉としては施設が充実しているのでなかなか悪くない選択。
中での料金精算はロッカーの鍵についたバーコードと紐付けてあるので、館内でキャッシュレスなのも温泉施設としてはありがたい。
ちなみに別料金で家族風呂も予約可能。風呂のカタチは…例えるなら楕円形のパイ皿かな。
これまで旅行で温泉に長い時間をとることはあまりやってなかったんですが、夕方の箱根で温泉に入りのんびりするのも悪くないと思いつつ。
あ、ここの難点が1つあった。コーヒー牛乳がないw

6時ぐらいまで温泉を堪能した後、歩いて駅まで戻る。
山間の道で猫かな、と思ったら野性の猿が悠々と塀の上を伝っていてビビッたw

hakone-vse.jpg
帰りの電車は悔しかったのでロマンスカーVSEを予約。
駅弁を買って乗り込むとそこは既に別世界。これこそレジャーだなという気分。
車内放送の音楽はちゃんとロマンスカーのCM曲になっていました。
やはり新しいだけあっていろいろと工夫され、使いやすくなっている印象。
そして何だろう、JRの在来線特急と座席数は一緒(2席+2席)のはずなのに、なんだかゆったりしてたのは。1両あたりの座席数に余裕があるのかも。

そんな夢みたいな旅行は乗換駅の町田で終了。
町田の駅がまったくもうというくらい人が多くてちょっと辟易。
非日常と日常の落差って、大抵こんなもんです。

考えてみたら美術館もケーブルカーも黒卵も食べてないけど、たまにはアリだな、こんな箱根。
posted by かるさいととかマニとか呼ばれるだれかさん at 06:02| Comment(0) | 鉄道とか地域とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: