2013年05月06日

鉱山跡探訪・山口県山口市 吉南鉱山

法事のため急遽行くことになった山口。
用事は昼過ぎには終わったので、あらかじめ連絡していた元帥閣下とともに鉱山跡見学へ。
なぜ見学?採集じゃないの?
さすがに法事がメインの移動にハンマーは持っていけないからorz

山口市佐山と秋穂を結ぶ周防大橋という結ぶ橋の近くに藤尾山公園という公園があり、この中にタングステン鉱山跡があります。
IMGP2477.jpg

公園内の看板によると「吉南鉱山」ということころだったそうですが…そもそもなんて読むんだろう。「きちなん」?「よしなん」?このあたりはかつて「吉敷郡(よしきぐん)」だったので、「よしなん」かもしれませんが…なんか湯桶読みって気持ち悪いなあ。
大規模な鉱山ではなかったようで「手で重い石をより分けていた」なんて記述が看板に。アバウトだなー。
現地には2箇所ほど鉄格子にはまった坑道が残されていました。
IMGP2471.jpg

この山は公園になってますが、山頂付近はハロった花崗岩のクズがいっぱい落ちていたのですが、ペグマっぽい雰囲気はあまりなく。
隣の秋穂(旧山口県吉敷郡秋穂町)には花崗岩の採石場があったはずなので、そっちにはペグマがあるもという話は聞きます。
このあたりが花崗岩貫入の辺縁部だったのかもしれません。
なにやら宇部市の海岸には花崗岩による熱変成の痕跡が見られる露頭があるとかないとか…

こういう情報はたぶん山口大の地学系連中に聞けばすぐ分かるんでしょうが、なぜ在学時にまったく興味がなかったんだ自分orz

その後海岸に出てみると、橋以前にあったと思われる渡しの遺構らしき囲いがありました。
水晶が拾えるとの噂があったため、犬の散歩で通りがかったオッサンに聞いてみましたが「昔は取れたよ」とのこと。


やがて日も暮れ、夕食と相成りました。
ここまできたのであれば、やはり夕食は山口市のB級グルメ「ばりそば」。
最近は山口市を中心にチェーン店もあるようですが、ここは私の在学中からあった店に誘いました。

春来軒 http://tabelog.com/yamaguchi/A3501/A350101/35002459/

サイズをご覧ください。
IMGP2531.jpg

レンズキャップと比べると分かりますが、デカイっすよこれ。
これを何人かでワイワイやりながら食べるのです。これは3人前。1600円。通常は1人前700円くらいだったはず。
二人とも野外で動いてきたので腹は減っていたのですが、これはしんどかった。負けた。

ちなみに皿うどんに似てますが、麺はそれほど固くないですが、延びません。
大量に載っている野菜で意外とヘルシーです。でもなかなか終わらない。
だんだんキャベツが恨めしく見えてきたのは秘密だw
【関連する記事】
posted by かるさいととかマニとか呼ばれるだれかさん at 07:01| Comment(0) | 鉱物関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: