2013年05月24日

HDD顛末記-どうやらデータは残っていたわけだが。

いやあ、えらい往生しましたわ(関西風)。

朝方、ノートPCのMy Documentsに格納してあるファイルを読みこみに行こうとしたソフトが、ことごとく失敗する事象が発生。
何だろう?と思って件のMy Documentsにアクセスしようとすると、インジケータが出てやたら時間がかかる。で、時間がかかった後の結果が…「なんでフォルダ3つしかないのん?」
それ以外のフォルダ(My Picturesやその他Cドライブ直下も含む)は問題なし。なぜかMy Documentsだけ読めない。

ちなみにHDDを外してケースに入れ、他のPCからアクセスすると「CRCエラー」。
CDブートさせたKNOPPIXからも見えない状態。
しょうがないので必要最低限のフォルダだけ別のPCにコピーし、HDDの挿げ替えに挑戦したわけです。
なお、このときデータ復旧業者にTELをしたわけだが、「CRCエラー」と告げたとたん「物理的障害」と認識され、価格を聞くと10万程度という回答だったのでビビッてお願い売るのをやめました。

で、だ。
ThinkPad T420sは薄さを志向し手生まれたPC。HDDも9.5ミリではなく7ミリ。
危うく「3.5インチ 9.5ミリ厚」だけを買うところであった。むしろこっちのほうが一般的なので、偶然とはいえ店にちゃんと7mmがあったことに感謝。

あとはパーティションごとディスクをコピーできるツールを使ってデータ移行。参考にしたのはここ。

OSごとHDDをコピー可能なフリーソフト「EASEUS Disk Copy」!
http://shopdd.jp/blog-entry-772.html


このソフトをダウンロードする時しつこいアドインがついてきて難儀したのはまた別の話。
相方タンのPCには迷惑をおかけしました。

で、このソフトはCDを使ってブートするのでたぶん中身にLinuxでも入ってるんじゃないかなと推量。
CDから立ち上げて内蔵HDDから外付けHDDへのコピーを開始したが…結局500GBで6時間かかったorzこれが速いか遅いかは分からん。
まあなんにせよ、ハードディスクが大容量になればなるほどこの手の時間は増加の一方。
途中で読み取れないところがあったのをすべて無視(Ignore)にしたら、24箇所程度あったようだ。

コピーしたディスクでOSはすんなり立ち上がる。
予想通りMy Document配下は空っぽor使えない状態。じゃあしょうがないや、ということでフォルダごと削除しようとすると「空じゃないからダメ」と警告。やはりそのままコピーしたので何かいるようである。

今度はOSブート直後にだらだらチェックディスク。これも時間がかかった。3時間くらい?
途中でなにやらファイルを復活させたらしいメッセージが流れる。新しいハードディスクは物理的に壊れていないわけだから、論理的な部分を直せばいけるんじゃね?と思ったしだい。ダメであってももともとコピーだからリスクは少ない。

Chkdskが終わったハードディスクからOSを立ち上げると…あ、My Documentsのファイルが復活してる!

全部復活したかは分かりませんが、気にしていたのが大抵見られるようになったのでこれでOKとしましょう。

なお、FinalDataや完全データ復元PROの体験版を使って壊れたHDDをスキャンしたところ、My Documentsのファイル一覧は取得できたので、もしかしたら論理障害で片付いたのかもしれませぬ。ただこれは出していないのでなんとも言えない。
データのスキャンは「完全データ復元PRO」のほうが圧倒的に早いです。FinalDataはスキャンが遅い。

本日の結論:ちゃんとバックアップしようね。

posted by かるさいととかマニとか呼ばれるだれかさん at 05:03| Comment(0) | デジタルなガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。