2013年06月16日

「ガシャポンガール」の遊び心

視野を広めるために、というのは建前で何か面白そうなのがないかと思って「東京おもちゃショー」へ。
予想はしていたとはいえ、少子化なんてどこの問題?ってくらい親子連れがいっぱい。主に子供に引っ張られて親御さんが来ているのだろうか。「大きいお友達」はそれほどいなかったようである。やはりこういうこと気の主役は子供だよね。

「リカちゃん」「プラレール」といったおもちゃのブランドもちゃんと残っている。こういうのも会場限定アイテムとかあるのが商魂たくましい。しかし…「初音ミク・リカちゃん」は正直……嫌なんでもありません。

それよりも、「アンパンマン」「ウルトラマン」「仮面ライダー」「プリキュア」「プリティーリズム」「アイカツ」など、昔からあるものから最近のもの(中身はさっぱり分かりません)まで、大手メーカーのキャラクターコンテンツにはやはり多くの子供が集まっていて、これだけの子供を集められるコンテンツを大人が作れることに素直に驚く。
暗黙知ではないが、本来持っているであろうポテンシャルをいかにコンテンツに昇華させて売り出していくか、やはりこの業界の人たちは長けている。それに面白さを持っていないと、ましてや義理や人情では子供は欲しがってくれない。
振り返って、自分の仕事はうまく知をコンテンツに変換することができているだろうか、考えさせられる。

写真はバンダイブースのコンパニオンさんの背中部分。ガチャポンの機械を模した衣装になっていて、裏にあるであろう「注意」がこのような形でパロディー化されている。ほとんどの人が気づかないだろうが、こういうところにまでコネタを入れる心意気、好きだ。

IMGP4554.jpg

…と思っていたら、コンパニオンの方はやっぱり気づいていましたね。
☆ガシャポンガールの注意書き☆ | 林万理さんのブログ

うーむ、腰の部分は気づかなかったwwww
posted by かるさいととかマニとか呼ばれるだれかさん at 00:41| Comment(0) | 制服・同人関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。