2011年10月24日

振り返りCEATEC2011 ARと宇宙

今回のCEATECで目立っていたのはAR関係。去年はセカイカメラくらいしかなかった気がしたが、インテルがARをデモで実施するとは…

ceatec-intel-ar.jpg

この立方体のキャップをかぶったコンパニヨンのおねぃさんが、映像上ではコアラになったりパンダになったりしているわけですが、どうも人によってキャラクターが違うらしい。ただ、身振り手振りは同じような感じなので何で検地しているかが不明。
確信は持てませんが、なんだか背の高さでフィルタをかけているんじゃないか?という気がします。
あらかじめARのデモをやる人を決めておき、その人の背の高さ(正確にはカメラからの角度)について閾値を設けてキャラクターを切り替える。
ジャンプしたら別のキャラになるんだったらそれはそれで面白いですね。
ほかにもパイオニアのナビがAR仕様になっていて、フロントミラーのところにAR用のディスプレイがあったみたいなんだが混雑で見られず。同じような感じで日立の立体映像も見られず。ビジネスデイのときは初音ミクがいたようだが本当か?

今年は小惑星からはやぶさタンが帰ってきたこともあり、ちらほらと宇宙関係の展示が。
人工衛星用のバッテリだったり、イオンエンジンだったり、コンデンサだったり、アンテナだったり。

ceatec-battery.jpgceatec-antenna.jpgceatec-ionengine.jpg

こういうのにかかわった人たちにとって、はやぶさの帰還はやはり感動モノだったんでしょうね。
ちなみに富士通のブースには、かの有名な「京」がありました。本当にSPARC計のプロセッサだったw
posted by かるさいととかマニとか呼ばれるだれかさん at 23:00| Comment(0) | デジタルなガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジョブズとリッチー:実業家と科学者と

ふと思うんだけどさ。

先日Appleのスティーブ・ジョブズが亡くなって、Mac関係の雑誌は軒並み追悼特集で、自伝が講談社から刊行されたわけです。
値段が海外の4倍位するのがまた話題らしいですが、それはいいとして。

情報技術史の観点から考えると、ジョブズよりもそのしばらく後になくなったデニス・リッチーの方が重要じゃないかい?という気がするのです。

ジョブズはあくまでビジネスパーソンとして著名だけど
エポックメーキングになるような技術を残したのか?というと…うーん…

デニス・リッチーはご存知の通り、C言語とUNIXの生みの親であり、チューリング賞も受賞してますね。

まあだからといって、ジョブズの功績が失われるものではないですが…

なんとなく、ね。
ジョブズに比べて騒がれないリッチーの死にちょっとだけ寂しさを覚えてしまうわけです。

きっとビル・ジョイやアラン・ケイあたりが亡くなったとき、ほぼ同じ時期にビル・ゲイツが亡くなってしまえば同じようなことが起こるのかなぁ、と思ってみたり。

特に他意はないですので念のため。
posted by かるさいととかマニとか呼ばれるだれかさん at 22:31| Comment(0) | デジタルなガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

振り返りCEATEC2011 変なもの編

ceatec-poster.jpg
今年の幕張メッセ通い納め!(のはず)

10月連休の初日、千葉の幕張メッセで開催されていた電子機器・エレクトロニクス関連の展示会「CEATEC」へ行ってきました。
ここでは電子部品・材料はもとより、家電製品や携帯電話の新機種なんかも出てくるのでガジェット好きな方も結構通っているはず。
そして一般向けの公開日もあるので、名刺がなくても会場へ入れるw そのせいか、コンパニオンさん目当ての方も結構いらっしゃいます。
そんな会場内に、何故か鉱物ヲタの心をくすぐる「ラピスラズリ」の原石(ただし磨いてあるみたい)が。

ceatec-lapis.jpg

これはどうやら、沖の半導体部門を買収したロームが会社名を変えたらしく、それにちなんでラピスラズリを飾っているようです。確かによく見たらコンパニオンのおねぃさんはロームと色違い(ロームは赤、ラピスは青でデザインは同じ)。こういうところまで丁寧に説明くださってありがとうございます。申し訳ないですが一般ですwww

そんなわけで気がつくとそこにあった変なもの編!

ceatec-nazotenji.jpg

毎年「変な部品を作っています」とPRしている会社さんです。
今回もおかしなオブジェが。これは人魚かそれともパチンコのアレか?
ちなみにこの像はくるくる回ります。意味があるのかは不明。

地方都市も進出企業誘致やら大学との産官学共同やらでブースを出しています。
この手の地方ネタとしては、函館のイカロボットや彦根のひこにゃんあたりが著名ですが、今回はチーバ君と水戸の黄門様がいらしてました。

ceatec-yuruchara.jpg

チーバ君の中にはきっと役所の人が入ってるんでしょうね。ご苦労様です。
近くには地元PRにやってきたミス○○とかの方もいて、特産のお菓子(何だろね?)なんかを配ってました。
去年は産総研の未夢あたりもいたんだけどな、今年は出展してなかった。ヤマハもブースがなかったしな…。

同じキャラはキャラでもこれは何のキャラだろう?

ceatec-bunkirobot.jpg

電波用の分岐コネクタでロボットぽいものが作られていたよ!
でもこれ歩けるのかな…オブジェでしょうね。

最後は…変なもの扱いするのはかわいそうですが、ムラタセイサク君とセイコちゃんです。

ceatec-murata.jpg

ここはこいつらというより、出てきた謎の博士が変な人だった。
映画にも登場するらしいですね。ギャラはちゃんともらえるんだろうか。

タブレットとかの機種については…まあ追い追いで。
posted by かるさいととかマニとか呼ばれるだれかさん at 18:24| Comment(0) | デジタルなガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。