2011年10月25日

「境界線上のホライゾン」その後。

さすが、通称「辞書」だ。

第一話の視聴後、相方タンが原作本を集めているので、サラサラサラと斜め読み。
どうやら原作第一巻の分でアニメ第一期は終わりらしい。
どんだけ長いんだよ…と思っていたが、あにはからんや原作が長い。というか分厚い。そもそも一巻が上下に別れている上、各冊が徳間文庫版銀河英雄伝説(これも文庫としては厚い方)の二冊+αくらいある。
確かにこれだけあれば十分かも。

で、原作を読んだせいで話のディテールが非常に分かりやすくなった。
この作品の世界がどうしてこうなってるか…は放映前にも情報が出ていましたが、原作の饒舌ぶりには舌を巻きます。
ただ、アクションシーンの場合は映像が分かりやすいですね。これは映像の勝利でしょう。
前作もチラッと読んでみましたがいまいち入り込めなかったので、ヨーロッパの中世(とりわけ三十年戦争)と戦国時代を重ね合わせるという世界観が歴オタのココロをくすぐるということなんだろうなあ。

ま、一方で世界観台無しにするR18の薄い本が乱立する気配もアリアリと。
まあ映像ということもあり、盛りがよいですからねw
歴史上の人物を襲名してるのが女性が多いような気がするのは気のせい?
まあ全員男だったら文庫のレーベルが別になるからなあ。

ところで、いつか宇都宮城の釣天井は出るんですか?w

境界線上のホライゾン1〈上〉―GENESISシリーズ (電撃文庫) [文庫] / 川上 稔 (著); さとやす (イラスト); アスキーメディアワークス (刊)
境界線上のホライゾン 1下
posted by かるさいととかマニとか呼ばれるだれかさん at 06:00| Comment(0) | 読書・視聴録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

「ドリフターズ」2巻購入。

待ちに待った2巻がようやく発売!
実は先週末見つけていたんだが、昨日帰りがけに近所の本屋へ行ったら売り切れていたので結局アキバまで買出しに。

ドリフターズ (1巻 最新刊)

地球から異世界へやってきた「漂流者」やら「廃棄物」が活躍するこの話。
戦国武将の面々がその滅茶苦茶さを遺憾なく発揮しながら快進撃するさまはさすがと思える躍動感。
場面場面でそれぞれの武将の考え方の違いが見えてくるのが面白い。
なんだか他の漂流者やら廃棄物やらもチラホラ登場しはじめ、これがどのように絡んでいくかが楽しみ。
そして相変わらず巻末やらカバー裏がトバしてる。
これは賛否両論ありそうな感じだと思うが、好きな人にはたまらんだろうなあ。

まだまだ完結する気配がないので楽しみな感じです。
ここから下はネタバレの気配。続きを読む
posted by かるさいととかマニとか呼ばれるだれかさん at 06:24| Comment(0) | 読書・視聴録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

TVアニメ 「境界線上のホライゾン」第1話

箱根ススキ紀行は写真が多いのでまだ掲載できません(謎)。

---------
我が家には、相方タンが買っているラノベのシリーズがあります。我が家での通称は「辞書」。
文字通りこれ文庫本じゃないだろって厚み。しかも上中下になっていたりする。

この川上稔という作者、僕はよく知らんのですがゲーム関係もやってるらしいですね。
その作者が現在執筆中のシリーズ「境界線上のホライゾン」がアニメ化され、この10月から放映開始。
ファンの方がワクテカしており、我が家でも録画がセットされております。
ちょうど前シーズンに僕が「日常」を録画していたのよりもテンションが高い。

で、ある日の夜中。翌日の準備で起きていたので、TVをつけて視聴してみました。
映像はきれいですね。そして登場人物が多い、よく動く。書き込みが細かい。
まあ、イントロダクションということで登場人物紹介を兼ねつつアクションシーンが多めな回らしいのでさもありなん。

視聴後に件のラノベ1巻を確認すると、謎のセリフや背景が比較的よく分かります。
つーかアニメの参考書が原作ラノベという状態。

ああそうだ。
やっぱりホライゾンを「ホライズン」と言ったら怒られるんでしょうか。

以下はネタばれ。
続きを読む
posted by かるさいととかマニとか呼ばれるだれかさん at 06:10| Comment(0) | 読書・視聴録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする